中古コピー機とリース

コピー機を導入するにあたってもう一つ大切なのは、印刷速度の点です。業務においてより多くの印刷を行う場合その速度が多ければ多いほど良いですが、その分リース料金も高くなる傾向にあります。その点で、どのようなバランスを取れば良いかを見極めるべきです。リースは、月に1万円以下で行えるものもあれば、それ以上のものもあります。

その点で性能が異なりますので、やはりその点も比較して見極めるべきです。リースという手段の他に、いわゆる『中古』のコピー機を購入するという方法もあります。中古は、レンタルせずにコピー機を手に入れられるというメリットがありますが、その点故障した際などの保障が無いなど、デメリットもあります。あまり良くない製品を買ってしまったらコストが余計にかかってしまうことにもなりますし、業務の効率も落ちてしまいます。その点で運用面を良く考えるべきであると言えるでしょう。

ここまで、コストパフォーマンスや、月々のリース料金などに的を向けて扱ってきました。リースは様々な点でメリットがあります。保障も聞くので故障しても安心だという面があります。良いものであればあるほど買うとなれば初期投資が大きくなりますのでぜひリースを考えて見てはいかがでしょうか。

参考・・・コピー機・複合機のOAランド / 公式サイト