大幅な経費削減

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

私達個人が、例えばパソコンの周辺機器としてプリンターを選ぶなら、どのようなプリンターを選択するでしょうか。プリンターといっても、家庭用であれば多くの人が用いているのは、いわゆる『インクジェットプリンタ』と呼ばれるものであって、汎用性が高いタイプのプリンターとなります。このタイプは、いわゆる『価格帯』によって、コストパフォーマンスに大きな幅があります。

当然一度のインク交換でどのくらい印字ができるか、一枚の印刷当たりのコストはどのくらいか、という点が大切ですが、安いプリンターは初期投資こそ安くあげられるものの、その後継続して使用するということになれば、なんどもプリンターのインク交換をしなければならなくなります。

この点は、業務用のコピー機を購入する時にも当てはまるでしょう。いわゆる業務用のコピー機は、やはりそのモデルによって印刷時のコストが異なります。また、節電機能にも注目するべきです。高価なモデルは、ネットを介しての印刷、節電、省エネ、静音、その他様々な性能を取ってみても一級品です。そういったモデルは一台で100万円以上するモデルもありますが、リースならその初期投資を抑えて性能の良い業務用モデルを導入することができます。

Published by