中古コピー機とリース

コピー機を導入するにあたってもう一つ大切なのは、印刷速度の点です。業務においてより多くの印刷を行う場合その速度が多ければ多いほど良いですが、その分リース料金も高くなる傾向にあります。その点で、どのようなバランスを取れば良いかを見極めるべきです。リースは、月に1万円以下で行えるものもあれば、それ以上のものもあります。

その点で性能が異なりますので、やはりその点も比較して見極めるべきです。リースという手段の他に、いわゆる『中古』のコピー機を購入するという方法もあります。中古は、レンタルせずにコピー機を手に入れられるというメリットがありますが、その点故障した際などの保障が無いなど、デメリットもあります。あまり良くない製品を買ってしまったらコストが余計にかかってしまうことにもなりますし、業務の効率も落ちてしまいます。その点で運用面を良く考えるべきであると言えるでしょう。

ここまで、コストパフォーマンスや、月々のリース料金などに的を向けて扱ってきました。リースは様々な点でメリットがあります。保障も聞くので故障しても安心だという面があります。良いものであればあるほど買うとなれば初期投資が大きくなりますのでぜひリースを考えて見てはいかがでしょうか。

参考・・・コピー機・複合機のOAランド / 公式サイト

大幅な経費削減

私達個人が、例えばパソコンの周辺機器としてプリンターを選ぶなら、どのようなプリンターを選択するでしょうか。プリンターといっても、家庭用であれば多くの人が用いているのは、いわゆる『インクジェットプリンタ』と呼ばれるものであって、汎用性が高いタイプのプリンターとなります。このタイプは、いわゆる『価格帯』によって、コストパフォーマンスに大きな幅があります。

当然一度のインク交換でどのくらい印字ができるか、一枚の印刷当たりのコストはどのくらいか、という点が大切ですが、安いプリンターは初期投資こそ安くあげられるものの、その後継続して使用するということになれば、なんどもプリンターのインク交換をしなければならなくなります。

この点は、業務用のコピー機を購入する時にも当てはまるでしょう。いわゆる業務用のコピー機は、やはりそのモデルによって印刷時のコストが異なります。また、節電機能にも注目するべきです。高価なモデルは、ネットを介しての印刷、節電、省エネ、静音、その他様々な性能を取ってみても一級品です。そういったモデルは一台で100万円以上するモデルもありますが、リースならその初期投資を抑えて性能の良い業務用モデルを導入することができます。

リースを利用する利点

『リース』は、『レンタル』という言葉にも置き換えることができますが、業務用のコピー機は非常に効果で、モデルのタイプにもよりますが、数十万円するのも珍しくはありません。それを一度で購入するとなると、初期投資は大きくなります。しかし、リース製品であれば、例えば月々数万円に抑えることができますから、初期コストを抑えることができるのです。新しい企業、または個人事業などであればなおさら、そういった面での設備コストは抑えたい、と思うかもしれませんが、大きなコストがかかるコピー機をリースで利用することによって、そのコストを何分の一にも減らすことができます

業務用コピー機の導入は、それが必要だから導入するものです。コピー機無くしての業務は考えられないかもしれません。例えば、現代では本来であれば高価なソフトウェアでも、『サブスクリプション』版を用いることによって、初期投資を抑えることができるサービスがあります。本来は数万円するソフトウェアであったとしても、月々の『利用料』のようなものを支払うことによって、同じ能力を持ったソフトウェアを、いつまでも利用し続けることができます。それは、私達個人でも、同じことであると言えます。

コピー機の初期投資を抑える方法

すでに一般の企業で働いておられる方は理解しておられると思いますが、そこで必要なのは、単に個人の能力や生産性だけではなく、それを支える様々なツールです。一般企業でパソコンが用いられるようになってから多くの年月が経過しましたが、最初の頃は多くの人がそれを満足に使いこなせず、そういったシステムそのものに疑問を呈した人もおられることでしょう。

しかし、現代において、業務を行うに当たって、パソコンやそれらのネットワークを管理するサーバー、サーバー管理者という役割は、なくてはならないものとなりました。企業の業務における根幹は替わっていませんが、そういった面で遥かに大きな変化を遂げてきた、と言えます。

さて、仕事に使うパソコンはそれ単体だけでは業務のすべてを果たせないことがあります。様々な周辺機器が、その役割の多くをサポートしているのです。キーボードやマウスももちろんそうですが、直接的に『生産』という業務に関わっているのが、『プリンター』という周辺機器です。『コピー機』とも言われますが、これは企業にとってなくてはならないものであるということは誰もが理解しているでしょう。いわゆる私達が家庭で用いるプリンターは、個人の範囲で使う分にはとても便利ですが、それを企業で、大人数で用いるのには向いていません。そこで、業務用のコピー機を導入することになるのですが、そこで初期コストを抑えるために導入することができるのが、コピー機の『リース』用品です。